[PR]

 ロシアのプーチン大統領は9日、ウラル地方の中心都市エカテリンブルクで森喜朗元首相と会談し、7日に初会談したトランプ米大統領について「大変面白い、大きな可能性を持っている大統領だ」と高く評価した。森氏が会談後に明らかにした。

 プーチン氏は、エカテリンブルクで日本をパートナー国とする産業総合博覧会「イノプロム」が開かれるのを機に、親交が深い森氏を招待。約1時間40分にわたり夕食を共にした。

 プーチン氏はトランプ氏について8日の記者会見では「テレビで見るのと実際はまったく異なる。具体的で、会談相手と適切に向き合い、質問を素早く分析して回答する」と述べていた。これ以降、トランプ氏について語ったプーチン氏の肉声が明らかになるのは初めて。会談でトランプ氏に大きな期待を抱いたことが浮き彫りとなった。

 また、森氏によると、プーチン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら