[PR]

(11日、高校野球岩手大会 一関工7―2不来方)

 部員10人で春の選抜大会出場を果たした不来方が、岩手大会初戦で姿を消した。エースの小比類巻は春にひじを痛め、選抜以降は公式戦で一度も投げていなかった。この日は春はメンバーではなかった2年の門間が先発したが、一回に5点を失った。二回から登板した小比類巻は制球に苦しみながらも九回まで2失点と粘ったが、追いつけなかった。九回に2三振を奪って意地を見せた小比類巻は「苦しかったけど、チームは今のベストを出せたと思う」と話した。=森山総合公園

こんなニュースも