[PR]

 東芝が8月に提出する予定の2017年3月期の有価証券報告書(有報)について、監査を担当するPwCあらた監査法人が、監査意見を表明しない見通しを関係者に伝えていることが分かった。東芝が米原発事業の巨額損失を知った時期を巡り、調査が終わるめどが立たないため。通期決算でも監査の「お墨付き」が得られなければ、東芝の上場廃止の可能性はさらに高まる。

 PwCあらたは、巨額の損失が昨年末に発表されたことに疑念を持ち、東芝が早くから損失を認識していなかったかを調べている。関係者によると、米原発子会社ウェスチングハウス(WH)の監査を分担している提携先の米PwCが慎重な姿勢を貫き、なお調査を続けるよう求めているという。

 PwCあらたは12日までに、監督官庁の金融庁や東芝に対し、今回も監査意見を表明しないとの見通しを伝え始めた。「不表明」は、天災による資料の紛失や倒産で監査ができないケースなどが通常で、東芝のような大企業では想定外の事態だ。東芝では、昨年10~12月期の報告書の監査意見も「不表明」だった。

 関東財務局に提出される有報は、監査意見の中身にかかわらず受理される。また、「不表明」でもすぐに上場廃止になるわけではない。

 東芝は、15年に不正会計問題…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら