[PR]

 愛知県は12日、名古屋港飛島ふ頭(同県飛島村)で毒を持つ外来種のアリ「アカカミアリ」が見つかり、その際、発見者の男性作業員が両手首を数カ所刺された、と発表した。見つかった個体は58匹。男性は病院で治療を受け、症状は軽いという。

 県によると、アカカミアリは、飛島ふ頭に陸揚げされたコンテナの外側にいた。コンテナは1日、フィリピン・マニラ港を出航し、9日に名古屋港に到着。作業員は同日夕、コンテナの陸揚げ作業時にアカカミアリを見つけ、両手首を刺された。現場ではアリ58匹が見つかり、殺虫剤で全て駆除したという。

 環境省によると、アカカミアリはヒアリの近縁種で、米国南部~中米原産。国内では小笠原諸島の硫黄島や沖縄本島などに定着し、特定外来生物に指定されている。攻撃的で刺されると激しい痛みが生じるが、ヒアリに比べると毒性は弱いという。

 一方、愛知県は名古屋港から同県春日井市の倉庫に運ばれたコンテナ内の荷物からヒアリ1匹が見つかったことに関連し、同じ倉庫やコンテナ内で見つかったアリ16匹もヒアリと確認されたと12日、発表した。