[PR]

 スマートフォンや携帯ゲーム機などに広く使われているリチウムイオン電池の次世代電池「全固体電池」の新たな材料を、東京工業大学の菅野了次教授らが発見した。液漏れや発火事故の心配が無く、高性能化もみこめる。実用化に近づく成果という。大学が14日発表する。

 リチウムイオン電池は通常、材料に「電解液」という液体を使う。正極と負極の間にある電解液にイオンを流して電気を取り出すしくみだ。だが、電解液は可燃性の物質を含み、発火や液漏れなどの事故の可能性があり、飛行機内への持ち込みが制限される場合もある。そこで、液体を使わず安全性の高い全固体電池が次世代電池の有力候補として注目されている。

 固体は液体よりイオンが流れにくく、電流を取り出しにくいことが課題だったが、菅野教授らは2011年、電解液に匹敵する性能の固体の電池材料をつくった。ただ、高価なレアメタルであるゲルマニウムを使っていた。

 今回、スズやケイ素といった安価な材料を組み合わせて焼き固めたセラミックスをつくり、室温で電解液並みの性能を持つ材料をつくることに成功。レアメタルを使うよりコストが3分の1以下になる可能性があり、加工しやすいという。

 全固体電池は安全対策を簡素化でき、軽量で高性能化することができる。菅野教授は「全固体電池は安全性が高く、電気自動車用などに広く使える可能性がある」といっている。(小堀龍之)

こんなニュースも