[PR]

 飼育禁止の国産メジロを違法に飼ったとして、大阪府警は13日、府内の男12人(59~80歳)を鳥獣保護法違反(違法飼養)の疑いで書類送検したと明らかにした。「(鳴き声の美しさや回数を競わせる)鳴き合わせをしたかった」などと容疑を認めているという。

 保安課によると、送検容疑は2010年2月~今年5月の間、それぞれ堺市や同府泉佐野市、豊中市などの自宅で、自治体に登録せずに国産メジロ計147羽を飼育したというもの。府警は5月に家宅捜索し、169羽を押収。鑑定の結果、すべて国産と判明した。

 男らは堺市西区の町内会館に国産メジロを持ち込み、「鳴き合わせ」を月に数回開いていたという。