写真・図版

[PR]

 カフェインを極端に取りすぎたことによる健康被害が注目を集めています。身近なコーヒーや煎茶も、1日の量や時間に気をつけて楽しむのがよさそうです。

 カフェインはコーヒーやお茶、眠気覚ましドリンクやエナジードリンク、眠気防止薬に入っている=図参照。

 神経を興奮させるため、一度に取りすぎるとめまいや動悸(どうき)が出て、けいれんや不整脈の恐れがある。日本中毒学会の調査では2011年度からの5年間で少なくとも101人がカフェイン中毒で病院に運ばれた。多くは眠気防止薬を使った人たちだった。

 健康上の懸念とならない値とし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら