東京都の教育委員を務める首都大学東京大学院の大杉覚(さとる)教授(行政学)が13日、「一身上の都合」を理由に教育委員の辞職願を出し、同日の都教委定例会で承認された。都教委は詳しい辞職理由を明らかにしていないが、同大学によると、大杉氏は6月22日夜、都内の飲食店で酔った状態で面識のない客をたたき、トラブルになったという。大杉氏は大学に「記憶にないが、相手がそう言うなら否定できない」などと説明しているという。

 大杉氏は2016年1月に教育委員に就任し、任期は21年2月までだった。