【動画】感染症を媒介するツツガムシやマダニの一種
[PR]

 マダニにかまれて発症する日本紅斑(こうはん)熱の患者報告が増えている。昨年は過去最多の276人、死者は1999年以降で21人に上る。毎年、夏から秋が患者の増える季節。国立感染症研究所(感染研)は「野外で活動する際は長袖、長ズボンの服で肌の露出を減らし、発熱などの症状が出れば、早めに医療機関を受診して」と呼びかけている。

 感染研によると、日本紅斑熱の潜伏期間は2~8日で発熱や発疹、だるさなどの症状が特徴だ。84年に初めて徳島県で報告された。細胞に寄生して増殖する細菌の仲間「リケッチア」が原因で、同じリケッチア症にはツツガムシ病などがある。

 患者報告は90年代まで年間数十人程度だったが、2008年に100人を超えた。15年は過去最多の5人が死亡し、死亡率は2%を超えた。発病日がわかっている死亡例の半数以上は、発症から5日以上たって医療機関を初めて受診していた。

 報告地域も拡大している。以前…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら