[PR]

 ノーベル平和賞受賞者の中国の著名人権活動家、劉暁波氏(61)が出国の願いがかなえられぬまま死去した。当局に拘束されながらノーベル平和賞を受けた人が自由を奪われたまま死去するのは、ナチス・ドイツに立ち向かい1938年に死亡したドイツの平和運動家、カール・オシエツキー氏以来。その悲劇的な死に、世界各国から反応が相次いだ。

 2010年に平和賞を選考したノルウェー・ノーベル委員会のライスアンデシェン委員長は13日、「遺憾の意と大いなる悲しみをもって訃報(ふほう)を受けた」と声明を発表。「中国政府は彼の早すぎる死に重い責任を負う」と強く非難した。

 また、劉氏が重い病を患ったという知らせに対し、世界には「沈黙や遅れ、ちゅうちょがあった」と指摘。米国やドイツ、フランスなどを名指しして「民主主義や人権を尊重する自由世界の旗手たちが、他者の権利のために立ち上がろうとする意欲が低かったことは、悲しく気がかりな事実だ」と厳しく指摘した。

 出国を希望する劉氏夫妻を受け入れる姿勢を示し、中国当局との交渉に入っていたドイツ。メルケル首相は13日、「市民の権利と表現の自由のための勇気ある闘士だった劉暁波氏の死を悼む」とコメントした。ガブリエル外相は「もっと早く重いがんを発見できなかったのか。この問いについて、信頼できる透明な方法で調べる義務がある」と中国政府の対応を批判した。

 急きょドイツから訪中した医師…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら