愛知県立名古屋西高校(名古屋市西区)の同窓会「名西会」の元副会長男性(66)が、会の資金約1700万円を着服していたことがわかった。会によると、元副会長は着服を認めて全額弁済を約束しているという。

 名西会は卒業生らから入会金や寄付などの資金を集め、会合費のほか、同校の冷房設置費や部活動支援費などに支出している。現副会長(38)によると、2011年に冷房設置費の支払いが滞ったことから会が調査したところ、会計業務を1人で担当していた元副会長の着服が判明した。借金の返済などに金を充てたとみられるという。

 会は昨秋に同校に報告。今年2月に現会長が在校生に事情を説明したほか、保護者には文書で謝罪した。今後、第三者委員会を立ち上げ、着服の経緯や再発防止策について話し合う予定だという。元副会長は月5万円ずつ返済する内容の公正証書を会と交わしているという。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら