[PR]

 公式戦29連勝の新記録を達成し、その後も順調に勝ち星を増やしている中学生棋士、藤井聡太さん。将棋への向き合い方について。普段の学校生活について。将来について。ご自宅を訪ね、じっくり、お話をうかがいました。

 ――連勝が社会の関心を集めました。

 率直に、運が良かったなと思います。はっきり形勢が悪い将棋がいくつもありました。

 ――22連勝目の阪口悟五段戦はミスが出て劣勢になり、逆転勝ちでした。

 あれはやっちゃいましたね。途中は必勝だと思ったのですが、1手30秒の将棋とはいえ、こっちから転んじゃいました。

 ――納得のいかない将棋は他にもありますか。

 本当に満足している将棋はありません。常に最善の手を指せるようにと思っていますが、「最善」が何かというのは難しい。今は「勝率を最大化する手」と捉えています。

 ――連勝のプレッシャーはありましたか。

 自分の中では、連勝していてもそうでなくても関係ないと思っています。ただ、言っていただくので、多少意識はします。

 ――対局後、連勝記録について、毎回報道陣から質問されましたね。

 指し手について答えるのは問題ないんですが、記録にはこだわりはないので、困っちゃうんですよね。いつも同じ答えをするのは、気が引けるので。

 ――「昼食で、なぜそれを注文したのか」などと質問されることもあります。

 その日の気分ですね。対局に影響がある部分ではないので、なぜ注文したのかを聞かれても困りますね。

 ――対局中、「LOOK」という銘柄のチョコレートを食べていることも話題になりました。

 《同席した母、裕子さん》私が前日に買いました。小分けになっているものの方が食べやすいので。

 《藤井四段》板チョコだと割る必要があるので。加藤(一二三〈ひふみ〉)先生なら必要ないですけど。

 ――棋王戦、王将戦では今年度…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら