[PR]

 運転士ら東海道新幹線で働く人たちの仕事を体験するイベントが9月9、10両日、大阪市のJR新大阪駅と周辺で開かれる。JR東海は親子ら40組を8月4日まで募集している。

 イベントでは子ども用の制服が用意され、訓練で使っている運転シミュレーターを操作し、ドアの開閉など車掌の業務を体験。駅員やパーサーとして、きっぷの発券や車内販売もできる。JR東海の発足30周年を記念する催しで、無料で開くのは初めて。

 両日とも午前10時と午後2時からの計4回実施し、各回10組の計40組を募る。1組は4人以内で、16歳以上と6~12歳の各1人を含める必要がある。申し込みは同社のホームページ(http://jr-central.co.jp/event/別ウインドウで開きます)で。(広島敦史)