陸上男子100メートル元日本記録保持者、元朝日新聞メセナ・スポーツ部長の石沢隆夫さんが、16日死去、65歳。

 通夜は21日午後6時30分、葬儀は22日午前10時から千葉県松戸市日暮2の18の6のセレモ八柱駅ホールで。喪主は母とくさん。

 千葉県出身。早大時代の1973年、マニラで開催されたアジア陸上競技選手権の100メートルで10秒1の日本タイ記録(手動計時)をマーク。日本選手権も100、200メートルで1度ずつ優勝した。75年、朝日新聞入社、東京運動部などで陸上競技を中心に取材した。メセナ・スポーツ部などでは主催する福岡国際、東京国際女子、横浜国際女子マラソンのレースディレクターとして選手招へいなどの大会運営にあたった。退社後、2013~15年に日本陸上競技連盟理事も務めた。