[PR]

 玄海原発3、4号機の再稼働に反対し、15日に新松浦漁協が行った海上デモには、刺し網漁を営む桑下康博さん(47)=長崎県松浦市星鹿町=の姿もあった。再稼働について「なんにもいいことはない。心配事が増えるだけ」と話す。

 一番気がかりなのは風評被害だ。事故が起きれば、放射性物質の流出にかかわらず、魚の価格に多大な影響が出ると思う。

 最近、テレビで魚の寄生虫アニサキスが取りあげられると、魚価が落ちた。アニサキスなんて昔からいた。なのに影響が出た。もしこれが原発事故だったら……。「風評被害の元を断つためにも、原発は動かさないほうがいい。それが一番」と思う。

 地元の高校を卒業して東京の会…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら