[PR]

 プロ野球のマイナビオールスターゲーム第2戦が15日、ゾゾマリンスタジアムであった。全パが3―1で全セを破り、通算成績を82勝78敗11分けとした。

 全パは先発の則本(楽)が、任された2イニングを3者連続三振など打者6人で抑える圧巻の投球。続く5人の投手も持ち味を発揮し、全セを小林(巨)のソロ本塁打1本に抑えた。最優秀選手(MVP)には、同点本塁打を含む4打数3安打のデスパイネ(ソ)が選ばれた。

デスパイネに特大の一発、懐かしい声援に奮起

 ソフトバンクのデスパイネが特大の本塁打を打ち込んだ。四回1死、阪神・秋山が投じた高めの直球をフルスイング。打球はバックスクリーンを直撃した。昨季まで3年在籍したロッテの本拠での試合。打席に入ると当時の応援歌が流れた。「懐かしい声援を聞くことができて、すごくテンションが上がったね。みんなに喜んでもらえるような、強い打球を飛ばしたいという気持ちだった」

こんなニュースも