[PR]

 京都・祇園祭は16日、前祭(さきまつり)の山鉾(やまほこ)巡行前夜の宵山を迎えた。夕方から車の通行が規制された京都市中心部は、日曜日と重なったこともあり、大勢の観光客や家族連れであふれた。

 四条通などには豪華な懸装(けそう)品で飾られた山鉾が並び、駒形提灯(ちょうちん)の明かりに浮かび上がった。あちこちで祇園囃子(ばやし)や厄よけのちまきを売る声が響き、浴衣姿の見物客らが祭りの風情を楽しんだ。

 京都府警によると16日午後11時現在の人出は約32万人。17日の山鉾巡行は午前9時、先頭の長刀(なぎなた)鉾が四条烏丸を出発。計23基の山鉾が都大路を進む。(大村治郎)