[PR]

 神戸市北区で16日、住民3人が殺害され、2人が重傷を負った事件で、兵庫県警は17日、南部達夫さん(83)に対する殺人容疑で、孫で無職の竹島叶実(かなみ)容疑者(26)を再逮捕し、発表した。竹島容疑者は銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された際、「誰でもいいから攻撃しようと思った」と供述。再逮捕容疑については「黙秘します」と話しているという。

 捜査1課によると、竹島容疑者は16日朝、神戸市北区有野町有野の自宅で、同居する達夫さんの頭などを金属バットで複数回殴り、さらに包丁で首や胸などを複数回突き刺し、殺害した疑いがある。達夫さんは玄関先で仰向けに倒れているのが見つかった。司法解剖の結果、全身の約10カ所に傷があり、死因は首を切られたことなどによる失血死だった。

 竹島容疑者は、祖父母の達夫さんと観雪(みゆき)さん(83)、母親(52)の4人暮らし。

 この事件では、達夫さんのほか、観雪さんが背中などを多数回刺されて死亡し、母親も重傷を負った。また、南部さん方の約50メートル南の住宅の車庫で辻やゑ子さん(79)が首を切られて死亡し、さらに約150メートル離れた住宅で、女性(65)が頭部などを切られ、重傷を負った。

 母親は県警に対し、当時の状況について「家の中が急に騒がしくなり、物音がする場所に行くと、父親が息子に殴られていた」と説明。助けようとして逆に襲われ、屋外へ逃げ出したという。母親は金属バットで殴られたとみられ、腕の骨を折られ、全身に打撲の痕があるという。

 竹島容疑者は襲撃後、包丁と金属バットを持ち、自宅から南西に約250メートル離れた有間神社付近まで逃走。駆けつけた有馬署員が見つけ、神社に逃げ込んだところを取り押さえた。