[PR]

(17日、高校野球兵庫大会 神戸弘陵4―2市尼崎)

 昨夏の兵庫大会を制した市尼崎が、3回戦で神戸弘陵に敗れた。主将の殿谷小次郎(3年)は「先輩の力ではなく、自分たちの力で甲子園をつかみたかった。残念です」と肩を落とした。

 市尼崎は1点を追う一回、殿谷の2点二塁打で逆転。だが直後に追いつかれると、七回に勝ち越され、九回にも追加点を許した。盗塁失敗や牽制(けんせい)死など、走塁に絡むアウト四つで流れを失った。竹本修監督は「選手はサイン通り動いた。私の責任です」と話した。=高砂

こんなニュースも