[PR]

(18日、高校野球神奈川大会 横浜9―2秀英)

 神奈川大会3回戦で、横浜の打線を1年生の小泉が勢いづけた。1―1の二回、2死一、三塁からバックスクリーンに飛び込む3点本塁打を放った。1番ライトで今大会初先発。平田監督から「1年生らしく思い切りいけ」と送り出され、一回も初球を左前安打した。「練習も合わせて一番いい当たり」という一発は、1ボールからの2球目。福井県越前市から強豪の門をくぐった16歳は「チームに必要な選手になりたい」と初々しく誓った。=サーティーフォー保土ケ谷

こんなニュースも