[PR]

 群馬県は14日、手術後の死亡が相次いだ群馬大学医学部付属病院の再生について話し合う4回目の協議会を県庁で開いた。昨年11月に公表された「改革工程表」に基づく各項目の進み具合が大学側から報告され、適切に実行されていることが確認されたという。

 会合は非公開で、会合後の記者会見で田村遵一病院長と県医務課長らが説明した。インフォームド・コンセントを進めるための説明同意文書のひな型を、手術の内容ごとに700件以上つくったという。田村病院長は「診療体制の改善も順調に進み、若手にも改善への参加意識を持ってもらうことで持続的な意識改革を進めたい」と話した。

 会見では、14日現在で被害者の26家族と示談が成立していることも明らかにした。示談に応じない家族の中には、執刀医の話を聞いてからにしたいと話している人もいるという。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら