[PR]

 韓国が南北軍事会談などを北朝鮮に提案すると発表したことについて、米国が警戒感を強めている。米国は北朝鮮の核・ミサイル開発を断念に追い込むため、国連安全保障理事会や独自の制裁を強化し、対北朝鮮「包囲網」の構築を急いでいる。今回の提案で南北が緊張緩和を進めれば、「制裁による圧力が骨抜きになりかねない」(米政府当局者)と懸念している。

 米政府は、北朝鮮に影響力を持つ中国を巻き込んで制裁を強化し、核・ミサイル開発の資金源を断った上で、対話を含めた次の行動を探る考えだった。

 だが、北朝鮮が今月4日、米本土への攻撃につながる大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射し、米政府は「脅威が新たな段階に入った」(ティラーソン国務長官)と危機感を強めた。トランプ米大統領は「非常に強く立ち向かう」と語り、軍事手段を含めた強硬姿勢を取ることも示唆。米政府当局者は「対話の可能性は遠のいた」と指摘した。

 米ホワイトハウスのスパイサー…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも