[PR]

 2019年に愛知県で開かれる国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督にジャーナリストの津田大介さん(43)が就くことが決まった。県や名古屋市、愛知芸術文化センターなどで構成する実行委員会が18日発表した。就任は8月1日付。

 推薦した理由について選考委員会は「社会情勢を踏まえた、明確なコンセプトを打ち出すことのできる新しい芸術監督像を期待できる」と説明している。

 津田さんは「依頼を頂いた時には思わず二度見しましたが、物事の本質や、その多様な見方を他者に伝えるという意味で、アートとジャーナリズムは共通する部分があると思い、お引き受けすることにしました」などとコメントを寄せた。

 津田さんは東京都出身で早稲田大学卒。インターネットメディア「ポリタス」編集長、早大文学学術院教授。13年に文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門新人賞を受賞している。