[PR]

 九州北部の豪雨災害で大きな被害が出た福岡県朝倉市は、これから断続的に激しい雨が降る恐れがあるとして、18日午後3時15分、高木、朝倉、杷木の3地区の計約1万5千人に避難指示を出した。17日午後にも出していた。連絡が取れない人の捜索は中断している。ボランティア活動は18日は中止になっていた。

 同県東峰村も午後3時25分、強い雨が降る恐れがあるとして岩屋、栗松、西福井の3地区の計443人に避難指示を出した。