[PR]

 大阪大学の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのチームが、iPS細胞を使って心不全を治療する臨床研究の計画を、大阪大の再生医療を審査する委員会に今週中にも申請することが、18日わかった。早ければ今年度中に手術を実施することになるという。

 計画では、京都大学iPS細胞研究所が作った「iPS細胞ストック」を使い、心筋細胞に変化させてシート状にし、心不全の患者の心臓に移植する。数人の患者に手術し、安全性や心臓の機能の回復具合を調べる。委員会で認められれば、厚生労働相に計画を提出。厚労省の部会で議論され、厚労相の変更命令がなければ手術が可能になる。

 チームは患者の太ももから取った筋肉の細胞を培養して作る「細胞シート」を心臓に移植して重い心不全の患者を治療する研究で実績がある。細胞シートはすでに再生医療製品として承認され、臨床現場で利用されている。

 澤教授は「まずはiPS細胞を使った場合の安全性の確認が臨床研究の主な目的になる」と話している。(合田禄)