[PR]

 被爆3世を中心とした家族写真の撮影を続けている広島市の写真家、堂畝(どううね)紘子さん(35)がこの夏、初めて長崎県で作品を展示している。グループで開く合同展覧会のタイトルは「生きて、繫いで 被爆三世―これからの私たちは―」。被爆者から直接体験が聞ける最後の世代として被爆3世に焦点をあて、「これからの世代へどう伝えるか、考えるきっかけになれば」との願いを込める。

 「何歳から被爆体験を聞いていましたか」。5月中旬、長崎市滑石6丁目の滑石大神宮で、堂畝さんはカメラを構えながら話しかけた。レンズの先には14歳で被爆した調朝子(しらべちょうこ)さん(86)、孫の英治さん(31)と妻の理奈さん(27)、ひ孫の大和(やまと)ちゃん(8カ月)らがいた。幼い頃から朝子さんの被爆体験を聞いてきたという英治さんが「大和が物心つくまで、あと10年くらい元気でおっとかんば」と語りかけると、朝子さんもほほえんだ。

 撮影では、それぞれの家族に思い入れのある場所を選んでもらう。今回は朝子さんが家族と疎開した地域で、外科医だった父来助(らいすけ)さんは滑石大神宮で被爆後の救護にあたった。

 広島市出身の堂畝さんは、子どもの頃から平和教育を受ける中で「自分にできることは何だろう」と問い続けてきた。学生の頃は広島で開かれる平和記念式典のボランティアに加わったが、「私でなくてもいいのかもしれない」と思うこともあった。

 高校卒業と同時に写真を始め、…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら