【動画】夜空を彩る鎌倉の花火=恵原弘太郎撮影
[PR]

 神奈川県鎌倉市で19日、鎌倉花火大会が開かれ、由比ケ浜や材木座などの海岸から見渡す海に約4千発の花火が上がった。船から海に花火を投げ入れて「開花」させる珍しい水中花火も登場した。

 69回目を迎え、昨年は約15万人が見物に訪れた夏の風物詩。ただ今年は、これまで実行委員会を担ってきた市観光協会がパート職員の雇用問題をめぐって市議会と対立。議会側が協会への補助金4668万円を予算案からカットしたことで、協会が実行委を脱退し、一度は花火大会の中止が決まった。

 しかし、「残念」「続けて」との声が市に寄せられたほか、インターネット上でも開催を求める意見がわき上がり、市は自らが主催して「復活」させた。

 家族3人で訪れた鎌倉市の建設業吉田寛之さん(41)は「鎌倉にとって大事な行事。毎年楽しみにしているので復活してよかった」と話した。(菅尾保)