[PR]

 台湾特集を組んだ日本の雑誌「BRUTUS(ブルータス)」(マガジンハウス)が表紙に掲載した写真が台湾で議論を呼んでいる。下町の食堂街の昔ながらの風景が選ばれたことに、ネット上で「これが台湾を代表するの?」と論争に。「もっとステキな台湾がある」と、お気に入りの風景写真を雑誌風に加工し、SNSに投稿する動きが広がっている。

 15日に発売された最新号のテーマは「台湾で見る、買う、食べる、101のこと」。表紙には南部・台南市の食堂街に「焼肉飯」「牛肉湯」など原色の看板が並び、バイクが路地を行き交う風景が掲載された。

 「恥ずかしい」「看板が醜い」。ネット上では当初は否定的な反応が注目を浴びる一方、「表紙を通じて日本の人々がその地域のにぎわいに触れることができる」と評価する学者も。現地・台南の頼清徳市長は地元メディアに「(観光地の高層ビル)台北101ビルだけが台湾ではない。台湾全体に自信を持つべきだ」と語った。

 ネット上には、誰もが好きな写真を雑誌の表紙風に加工できるソフトも登場。人々は、にぎわう夜市や名物の小籠包(しょうろんぽう)、大自然の写真を「台湾で最も美しい風景」などと題してSNSに投稿している。その数は数千枚を超す。加工写真の題名は、元の雑誌をもじって「BPUTUS(ブプータス)」だ。

 海を越えた台湾で広がる反響に、ブルータスの西田善太編集長は「たった一つの特集で、これほどの数の表紙が生まれた号は雑誌の世界でも前代未聞。とてもうれしい」と話している。(台北=西本秀