[PR]

 関西電力が社員の給与カット幅を見直すことが分かった。福井県の高浜原発3、4号機が再稼働し、8月からの電気料金値下げが決まったため。近く労働組合と協議を始める。社員にも「メリットを還元する」という。関電は、2013年に電気料金を値上げした際、社員の月給を5%程度カットすることで労組と合意。昨春には、家庭向け電力販売の自由化を控え、社員のやる気を高めるといった名目で、削減幅を2.5%に縮めていた。

こんなニュースも