[PR]

 自家用ジェット機に乗るなど、僧侶らしからぬ派手な暮らしぶりで「ぜいたくすぎる僧侶」と批判されていた元僧侶の男が、19日夜に逃亡先の米国からタイに送還され、タイの捜査当局にマネーロンダリング(資金洗浄)や詐欺などの容疑で逮捕された。男は容疑を否認しているという。

 男はウィラポン容疑者(37)。僧侶だった2013年、ブランド品のサングラスをかけて自家用ジェット機でくつろぐ姿や、ジェット機の座席の上に高級ブランドのバッグが映っている映像がネット上に流出。その後、少女と性的関係を持った疑いや詐欺など様々な疑いが浮上し、僧籍を剝奪(はくだつ)されるとともに、捜査当局に追われる身となった。

 海外に逃げたものの、昨年、米国で身柄を拘束された。米国の裁判所が引き渡しを認めたことを受け、今回の送還となった。

 僧籍を剝奪されたにもかかわらず、送還の際に僧侶の服を身につけていたウィラポン容疑者はすべての容疑を否認。「法廷で戦う」と話しているという。(バンコク=貝瀬秋彦)

こんなニュースも