[PR]

 米中両国が、米国産コメの中国への輸出を始めることで合意した。米農務省が20日、発表した。中国当局による米国の施設の検査が終わり次第、輸出できるようになる。パーデュー米農務長官は「米国の農業にとって偉大な日だ」と声明を出した。19日にワシントンで開かれた米中包括経済対話の成果としてアピールする狙いがあるとみられる。

 米農務省によると、中国は世界最大のコメの輸入国。米国産コメの輸出は、米中が10年以上にわたり交渉していたが、米中間の検疫の協定がなく、実現していなかった。

 米国のコメ業界は日本に対しても、環太平洋経済連携協定(TPP)での市場開放が不十分だとして、二国間の貿易協定交渉を求めている。

 米中経済対話ではほかにも、鉄鋼の過剰生産問題などを話し合ったが、大きな成果はみられず、今後の協議の道筋も示されなかった。(ワシントン=五十嵐大介