[PR]

 「2017ミス日本グランプリ」の高田紫帆さん(20)、「同みどりの女神」の野中葵さん(20)ら新旧のミス6人が21~22日、富士山富士宮口の5合目で登山客らに富士山保全協力金の呼びかけやゴミ袋の配布を行い、登山道のゴミを探しながら登頂した。

 静岡森林管理署の主催。「発信力の高いミスのみなさんは、富士山の美化、保全の強力な助っ人」と松永彦次署長。6人のミスは全員、富士登山は初めてで、「近くの愛宕山に登ってトレーニングしてきた。美化に協力できるのは光栄」と話した京都府出身の高田さんをはじめ、全員が無事に登頂を果たした。

 7合目では、昨夏に荷揚げして山小屋で熟成させた富士市の大淵笹場茶の蔵出しイベントに参加し、登山客にお茶を振る舞った。他の4人のミス日本は、宮崎あずささん(23)、飯塚帆南さん(23)、柴田美奈さん(21)、臼田美咲さん(25)。