[PR]

 環境省と福岡市は21日、博多港のコンテナターミナル(同市東区)で、強い毒を持つ外来種の「ヒアリ」数十匹が見つかったと発表した。国内では兵庫県や大阪府、東京都などで見つかっているが、九州で確認されたのは初めて。

 市などによると、21日午前10時ごろ、中国・広州から陸揚げされていたコンテナの近くの地面で数十匹を発見、すべて殺処分した。鑑定の結果、ヒアリと確認された。周辺で巣は確認されず、市などはコンテナに入り込んでいたもので、定着している可能性は低いとみている。

 ヒアリは南米原産。赤茶色で体長は2・5~6ミリ。攻撃性が強く、刺されると激痛が走る。アレルギー反応のアナフィラキシーショックによる死亡例もある。国内では、5月に兵庫県尼崎市で初めて見つかり、神戸港や名古屋港、横浜港などで確認された。(井上怜)