[PR]

 陸上で38年間破られなかった最古の日本記録が塗り替えられた。男子円盤投げで日本選手権4連覇中の堤雄司(27=群馬綜合ガードシステム)が22日、東京・国士舘大で開催された国士舘大競技会で60メートル37の日本新記録を樹立した。従来の日本記録は、1979年に川崎清貴が出した60メートル22だった。堤は「天気など条件が良ければ日本記録が出せると思って小さな大会でも準備してきた。東京五輪で良い結果を出せるよう、実力が足りないのでもっと強くなりたい」と話した。

 堤が破った川崎の記録は、陸上で男女の全種目を通じて最古の日本記録だった。更新されるまでの38年3カ月は、男子走り幅跳びで1931年に南部忠平がマークした7メートル98の日本記録が、1970年に山田宏臣が8メートル01で破るまでの38年7カ月に次いで長かった。

 堤は北海道出身。6月の日本選手権で4年連続5度目の優勝。これまでは60メートル05が自己ベスト記録で、日本記録の更新を期待されていた。

こんなニュースも