[PR]

 大相撲の横綱審議委員会が24日、東京・国技館であり、名古屋場所で通算勝利の最多記録を塗り替えた白鵬に記念品を贈ることを決めた。一方、白鵬が立ち合いで頻繁に見せた張り手について、北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は「一番上に立つ人が下の人のほっぺたをたたくというのは、私はあんまり良い印象を持っていない」と述べた。今年3度目の途中休場に追い込まれた鶴竜については、「(現段階で)引退勧告はしませんが、様子を見て判断しなければいけない」。2場所連続途中休場の稀勢の里に対しては、ケガを抱えながら出場した判断を「甘かった」と指摘しつつ、秋場所を休んででも治療に専念すべきだとの声が委員から出た。