[PR]

 シャープが来年にも、米国でテレビの販売に再び乗り出す。経営危機が深刻だった2015年までで撤退していた。米市場では、このときにシャープから商標の使用権を買った中国企業が、「アクオス」の名称でテレビを販売している。シャープは新しいブランドを立ち上げて、元自社ブランドに挑むかたちになる。

 シャープ首脳は24日、「米国でシャープのサブブランドを新しくつくる。用意できたら(テレビ販売を)再開したい」などと語った。新ブランドの名称やロゴマークなども定め、商標登録の申請中という。

 60型以上の大型テレビを中心に展開する。当面は、日本でつくるシャープ製のパネルを使い、親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業のメキシコのテレビ工場で、組み立てるとみられる。

 世界中で知られる「アクオス」ではないブランドをわざわざ立ち上げるのは、20年末までのブラジルを除く米州でのテレビの商標使用権を、中国の家電大手、海信集団(ハイセンス)に譲渡してしまったためだ。この間シャープは「シャープ」や「アクオス」のブランド名が使えない。

 だが、3716万台(16年、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら