[PR]

 横浜市緑区にある団地の一角に、「ぷかぷか」というパン屋がある。牛乳と卵を使わず、天然酵母と国産小麦で作る素朴なおいしさを売りにしている。ほかの店とちょっと違うのは、およそ40人の知的障害者が働いていることだ。

自由な接客 ファンも

 レジに立つのは「おしゃべりと計算担当」の辻克博さん(32)。「ベネチア、イタリア、マッターホルン、スイス……」と、つぶやきが途切れない。パンをトレーに載せていくと、暗算で金額を教えてくれる。「丁寧な接客」はないが、つぶやきをBGMとして楽しみに来る人もいる。

 新しい人を見ると、さっと近づきマシンガントークを始めるテラちゃんこと寺沢郁美さん(24)。「フェイスブックやってますか? 今日もぷかぷかがんばります」。人なつこい彼女に誘われ、フェイスブックで友達になる人も多い。

 一見、パン職人風のユースケさ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら