[PR]

 大阪大(大阪府吹田市)の澤芳樹教授(心臓血管外科)らは、重い心不全で、心臓の人工弁の機能も落ちた患者にカテーテル(細い管)を使って新たな弁を植え込む手術を行い、成功したと、25日発表した。この手術を重症の心不全患者に行ったのは初めて。従来の手術よりも体への負担が小さいという。

 澤教授らによると、患者は拡張型心筋症による重症心不全の60代男性で、過去に心臓の僧帽弁を人工弁(生体弁)に置き換えた。患者の足の筋肉から作った細胞シートを心臓に移植する治療も行った。ただ、生体弁は通常8~12年で劣化するとされ、再び弁を換える必要があるが、重症心不全患者の手術はリスクが高く、従来の胸を切開する方法は術後に心機能が悪化する恐れがあった。

 そこで、大動脈弁狭窄(きょうさく)症の治療で行われる「経カテーテル的大動脈弁植え込み術」を応用。患者の肋骨(ろっこつ)の間からカテーテルを入れて人工弁を心臓まで運び、今ある弁の内側に固定した。経過は良好という。

 この方法は体への負担が少なく…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら