[PR]

 奈良県は25日、同県大和高田市の小学4年の男児(9)が熱中症の疑いで死亡したと発表した。県によると、24日午後3時ごろ、奈良市西大寺南町のコインパーキングに止めた車の中で男児が倒れているのを母親が見つけ、119番通報した。男児は25日未明、搬送先の病院で死亡が確認された。

 県消防救急課によると、母親は後から来るよう男児に伝え、車の鍵を預けて車を離れ、通院先の病院に行き、約1時間半後に戻った。発見時、窓は閉じられエンジンは止まっていたという。24日の奈良市の最高気温は34・1度だった。