[PR]

 学校法人「加計(かけ)学園」の国家戦略特区での獣医学部新設を議論した25日の参院予算委員会の閉会中審査でも、前日の衆院に続いて安倍晋三首相が同学園の学部新設計画をいつ知ったのかに質問が集中した。首相は、同学園が特区の事業者に決まった「今年1月20日」に初めて知ったと繰り返し強調したが、学園理事長との親密な関係や、かつての国会答弁との整合性などから、野党は首相の答弁を疑問視した。

 安倍首相は25日の参院予算委で、民進の蓮舫氏に「1月20日に(国家戦略特区)諮問会議で認定するが、その際、初めて説明を受けて、加計学園の計画について承知した」と述べた。維新の浅田均氏の質問にも、「その時点でも、その後のプロセスでも、事業主体がだれか(愛媛県)今治市から説明はなく、加計学園の計画は承知していなかった」と述べ、今治市が国家戦略特区で獣医学部新設を提案した2年前の時点でも、計画は知らなかったと説明した。

 だが、過去には整合性が取れないようにみえる答弁をしている。

 首相は3月13日の参院予算委…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら