[PR]

 春の県大会優勝チームが実力を発揮して全国の舞台へ――。滋賀大会は26日、皇子山球場で決勝があり、彦根東が近江を破り、4年ぶり2回目の夏の甲子園出場を決めた。攻守に安定した戦いを続け、滋賀学園など甲子園出場経験のある強豪校を次々と破った。8月7日から始まる全国大会で、滋賀代表として戦う。

厚い信頼、冷静な試合運び

 彦根東の2年左腕増居翔太君が、長打も連打も許さない粘りの投球で、滋賀学園戦に続き完投した。捕手の條野正宗君(3年)が、絶妙に間をとりながら、冷静に試合を運んだ。

 九回の守り1死。安打と死球で1死一、二塁となった。増居君は八回まで131球を投げ疲れも出ていた。「早く抑えたい」と気がはやっていた。

 條野君がすかさずタイムをとってマウンドに集まった。「一個ずつ目の前のアウトをとっていこう」。声をかけて肩をたたくと、増居君は笑顔を見せてうなずいた。「おかげで冷静になれた。思い切り腕を振って投げた」。次打者を二飛に打ち取ると、念のため、再度マウンドへ。「一つのアウトに集中しよう」。最後の打者を空振り三振にしとめた。

 條野君は、低めの内外角に直球と変化球を丁寧に制球する増居君を引っ張った。走者を背負ってセットポジションに入った後でも、あえて立ち上がって、間をとった。

 「相手の攻撃が続いていたら間をとることで、冷静になれるし、相手のリズムが狂う」。入部後、監督から繰り返し指導されたことを実践。併殺などで後続を断った。

 勝ち越した直後の六回には、先頭打者に安打を許したものの、相手の動きを察知して、盗塁をきっちり阻止した。

 増居君は、今大会で好投した松井、吉本ら豊富な投手陣が控えていることで、最初から思い切り投げられる。條野君始め、3年生への信頼も厚い。

 信頼を寄せる先輩の一人が高村真湖人君(3年)だ。

 一回、好投手の立ち上がり。3年の原晟が高めに浮いた変化球を見逃さずに左中間に運んだ。バントで1死三塁となった打席には、今大会で自身初の本塁打を放ち波に乗る高村君。

 練習通り「低い打球を打つ」ことを意識して食らいついた。変化球をファウルにして粘った後の7球目。変化球をしっかりとたたくと、高くバウンドした打球は前進守備の二塁手の上を越えていった。

 試合前、弁当箱を取り出すと、箱には「お前ならいける」とペンでメッセージが書かれていた。両親からだ。大会中ピリピリして、お礼も言えずにいたのに……。「父や母のためにもがんばろう。そんな思いでした」と振り返った。

 近江は、準決勝から連投した香水晴貴君(3年)の好投などで、最後まで彦根東を苦しめた。

 五回の守り。1死二、三塁で、初回に長打を打たれた打者を迎えた。捕手の大野将輝君(3年)は「一球入魂でぶつけてこい」と直球のサイン。同じ思いだった香水君が直球を投げ込むと、打者のバットが空を切った。

 香水君は準決勝までで20回20奪三振。この日も二回以降得意のスライダーが低めに決まり、三振を奪っていた。だが、ここが山場だと思ったときは「自信のある直球で押す」と決めていた。その気持ちは大野君にも通じていた。大野君は「香水は粘って投げてくれた。思いが伝わってくる直球だった」(石川友恵)

こんなニュースも