[PR]

 自民党の二階俊博幹事長は26日、「自民党がいろいろ言われていることは知っている。だけど、そんなことに耳を貸さないで我々は正々堂々頑張らなくてはならない」と語った。強引な国会運営や安倍晋三首相の攻撃的な答弁も響き、内閣支持率は下落中。首相自身が閉会中審査で「丁寧さ」をアピールした直後でもあり、世論の批判に「耳を貸さない」とした発言は、党内外で批判を招きそうだ。

 大阪市内で行われた二階派の研修会で、支援者に次期衆院選に向けた支援を求める中での発言だった。二階氏は「話題に乗せられたことがたくさんあるが、くだらんことは常識外れだから切り捨てて、前を向いて頑張る」とも訴えた。自民の豊田真由子衆院議員の暴言・暴行問題などの不祥事について指摘したと見られる。

 二階氏は東京都議選の投開票日直前の先月30日にも応援演説で、自らの差別的な表現が報道されたことなどを念頭に「私らを落とすなら落としてみろ。我々はお金払って(新聞を)買ってんだよ」と、自民の逆風をメディアに責任転嫁したとも取れる発言をして、批判を浴びたばかり。研修会では「いい加減なことを言って、そればっかり喜んで書く人がいる。我々も料金を払ってんだから、書く方も責任持ってやって」と再びメディアを牽制(けんせい)した。

 来月3日に予定される内閣改造とそれに伴う党役員人事で、二階氏は留任する方向。批判を招きかねない問題発言に研修会に参加した議員もため息をついた。

 「せっかく閉会中審査の2日間、安倍首相が低姿勢だったのに……」