[PR]

 名古屋市の東山動植物園(千種区)は26日、1月から行方が分からなくなっていたカーペットニシキヘビが園内で無事、見つかったと発表した。園は寒さで死んだ可能性があるとみていたが、半年ぶりに発見された時は元気な様子だった。担当者は「配管に潜み、ゴキブリを食べて生きていたのではないか」と話している。

 見つかったのは、園内の自然動物館の一室から1月1日に姿を消した子どもの個体(性別不明)。園によると、今月26日午後1時40分ごろ、隣の部屋のケースの水につかっているのを職員が見つけた。園は行方不明になった際、体長を「約50センチ」と発表したが、発見時の実測値は113センチだった。

 園は館内にわなを仕掛けるなどして捜索を続けてきたが、これまでは見つからなかった。28~32度の温暖な気候を好むため、担当者は「気温が上がり、水につかるために出てきたのでは」とみている。

 このヘビに毒はなく、人に危害を与える特定動物には指定されていない。園は当面この個体を公開する予定はないという。(関謙次)