[PR]

 陸上の世界選手権は8月4日にロンドンで開幕する。最大の注目は、男子100メートル世界記録保持者で、今大会限りでの引退を表明しているウサイン・ボルト(ジャマイカ)のラストランだ。9秒58の世界記録を持つボルトだが、今季のベストは9秒95。エントリー選手では5番目で、苦戦が予想される。勝って有終の美を飾れるか。

 会場のロンドンスタジアムは、2012年五輪で100、200メートル、400メートルリレーの3冠を達成した思い出の地だ。今回の世界選手権では200メートルを欠場し、大会第1日の4日に予選が始まる100メートルと、12日の400メートルリレーに出場する予定だ。

 ボルトは8月21日で31歳を迎える。引退を惜しむ声は多いが、「ロンドンが終わったら、家族とゆっくりしようと思っている」と引退撤回は頭にないようだ。

 過去の世界選手権で獲得した金…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら