写真・図版
[PR]

 スマートフォンやタブレットなどの動画画面を通して、自宅や職場にいながら医師の診察を受けられる手軽なオンラインでの遠隔診療が都会を中心に広まりつつある。処方箋(せん)も自宅に郵送で届けてもらえ、通院の手間や待ち時間が省けるため、子育てや仕事などで通院時間がとりづらい人たちの新しい受診方法として注目される。

 古書店が並ぶ東京・神保町にある「お茶の水内科」では2015年秋から、通常の対面での診療に加え、インターネット動画を活用したオンラインでの遠隔診療を始めた。

 都心でオフィス街の立地から、患者は、企業などで忙しく働く人が多い。働き盛りは仕事や家事に追われて通院が後回しになりがちだ。循環器内科が専門の五十嵐健祐院長(32)は、通院中断で高血圧や脂質異常症などが放置された結果、心筋梗塞(こうそく)や脳卒中で救急に担ぎ込まれる患者を診てきた。

 「薬をきちんと飲んでいれば防げた人も多かったはず。通院継続を助ける手段としてITが役立つと考えたんです」。既存技術を使って自分でシステムを作り、ネット診療を模索した。

 初診は必ず対面で行い、病状と…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら