秋篠宮さまと次女佳子さまは30日、全国高校総合文化祭「みやぎ総文」の総合開会式などに出席するため、仙台市を訪れた。午後には東日本大震災の被害を語り継ぐための拠点「せんだい3・11メモリアル交流館」を視察した。

 同館は津波被害を受けた仙台市東部沿岸地域への玄関口として、昨年2月に市地下鉄東西線荒井駅舎内に設置された。秋篠宮さまは被災した小学校の写真に「海岸からどれぐらい」と質問し、佳子さまは熱心に説明に聴き入っていた。

 また、被災した沿岸部のメダカを里親となって繁殖させるプロジェクトの説明を受け、佳子さまは「いろんな方がメダカを育てているんですね」と興味深そうに話していた。

 佳子さまは2012年と15年にも全国高校総合文化祭に出席。今年9月から来年6月まで英国のリーズ大学に留学する。(島康彦