医師として「生涯現役」を貫き、講演、執筆など多分野で活躍し、18日に105歳で亡くなった日野原重明さんの葬儀が29日午後1時、青山葬儀所(東京都港区)で始まった。

 正午すぎには、親交の深かった皇后さまが弔問に訪れた。祭壇前で拝礼をするなど最後のお別れをし、遺族らに声を掛けていた。会場を後にする際にも、長男で喪主の明夫さん(71)と長く言葉を交わしていた。

 祭壇は白いバラやピンクのカーネーションなどで飾られ、101歳の時に聖路加国際病院のチャペルで撮影された、白衣姿の笑顔の遺影が飾られた。

 会場には、日野原さんが会長を…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら