[PR]

 民進党の蓮舫氏が代表を投げ出した。東京都議選の惨敗後も続投に意欲を燃やし、執行部人事に着手することを表明したばかり。党役員や側近も驚いた突然の退場劇に、党内には激震が走った。焦点は早くも後継選びに移る。

 後継選びは、前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官を軸に展開する見通しだ。

 前原氏は27日、自らに近い議員に代表選に立候補する意向を伝え、同僚議員への支援要請を進めた上で立候補表明する方針を申し合わせた。記者団には次期代表選について「野党第1党を再生するラストチャンス」とも指摘した。

 前原氏は昨年9月の代表選で蓮舫氏に敗れた後、「生活の不安解消」を軸とした党の国家像づくりを担当。教育無償化や年金改革と増税をセットで進める構想で、自民党への対立軸を示すことへの期待がある。

 また、党内きっての外交・安全保障政策通で改憲派からの支持は厚い。「政権政党を目指すので憲法はしっかりと党内議論したらいい」とする立場で、安倍晋三首相の改憲の進め方には批判的な立場をとっている。

 枝野氏もこれまで周囲に次期代表への意欲を示してきた。蓮舫氏の突然の辞任は想定外だったようで、この日は同僚議員と連絡を取り合い、対応を協議。枝野氏周辺は、立候補に向けた準備に入ったという。

 枝野氏は党憲法調査会長で、首…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら