[PR]

 福岡市博多区上川端町の路上で27日午後11時半ごろ、「発砲音が数回して、男が数人逃げていった」と近くにいた男性から110番通報があった。駆けつけた警察官が調べたところ、コインパーキングの塀にへこんだ弾痕のようなものが見つかった。県警は、暴力団が関与した発砲事件の可能性もあるとみて、逃げた男らの行方を追っている。

 博多署によると、けが人の情報は入っていないという。当時、発砲音についての通報とは別に「トラブルが起きている」との情報を受けた警察官も現場に駆けつけていたという。

 現場はJR博多駅から西に約1キロで、九州最大の繁華街・中洲のすぐそば。

 近くで飲食店を営む男性(53)は「店にいると『パン、パーン』という音がした。驚いて外に出たが、何があったか分からなかった。警察も聞き込みに来た。ここで店をやって数年になるが、こんなことは初めてだ」と話した。