[PR]

 長崎県西海市大島町の海岸に露出する地層から、白亜紀後期の中ごろ(約9千万~8千万年前)の鳥脚類の恐竜の歯の化石が見つかった。共同で調査をしている福井県立大と西海市が28日に発表した。鳥脚類は二足歩行もする草食恐竜で、歯の特徴などから「ハドロサウルス上科(じょうか)」に属するとみられるという。

 長崎県内では、長崎市内の長崎半島にある白亜紀後期の地層「三ツ瀬層」(約8100万年前)から、ハドロサウルス上科に属するとみられる恐竜の歯の化石などが見つかっている。

 今回の発見場所の西海市大島町は、長崎半島から北西に約50キロ離れ、地層は約5千万~3千万年前とみられていた。しかし、見つかった化石は約9千万~8千万年前のものと推測されることから、福井県立大の宮田和周准教授は「地層の再検証が必要。恐竜を想定していない地層からの発見で、追加の化石の発見も期待できる」と語った。

 同大によると、今回発見された…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら